« 何がencourageにつながるかはわかりませんが・・・@金沢八景まちづくり協議会 | トップページ | 話し上手になるには?@6期生の授業でした »

2010年4月 4日 (日)

タテの関係、ヨコの関係を実感@5期生によるまちづくりイベント

Photo 2010年4月3日は、江戸川総合人生大学の江戸川まちづくり学科5期生によるまちづくりイベントが篠崎文化プラザでありました。

江戸川総合人生大学では、卒業後の市民活動に活かすために、2年次には各学科でイベントを開催することにしてます。企画・広報・準備・実施という一連の体験が役立つと考えてのことです。

「てづくり・エコ・健康で元気なまちづくり」をテーマに、鹿骨健康サポートセンターの保健師さんの「健康で長生き」という講演が約30分、体力測定やエコバックづくりという参加型のプログラムが1時間、最後は全員で健康体操30分という構成でした。来場者が78名、5期生や関係者が27名、105名が集まるという盛況なイベントとなりました。

まちづくりイベントは3期生から始めたんですが、3期生は非常に悩んで何度も会議を重ねていました。「ホントに人が来てくれるのか?」「どんな内容にすればいいのか?」など本当に手探りでした。

その点、5期生は比較的スムーズだったと思います。理由としては、これまでのイベントのプログラムが参考になったこと、OB・OGの市民活動団体のメンバーになっている人などイベント経験のある人がかなりいたこと、事務局にも蓄積ができて広報等がスムーズにいったことなどが上げられます。そういう有形・無形の蓄積は貴重だと改めて思いました。

また、飾り付けなどの準備から本番まで、個々人の特技を活かして役割分担しているのも素晴らしいなあ、と思いました。約1年半のつきあいの中で、チームプレーができる関係ができているんですね。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

ある断面でのイベントですが、それまでのタテのつながり、ヨコのつながりを感じることができることです。ある程度時間をかけて関係性をつくっていくことは重要だと思いました。

|

« 何がencourageにつながるかはわかりませんが・・・@金沢八景まちづくり協議会 | トップページ | 話し上手になるには?@6期生の授業でした »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/47989982

この記事へのトラックバック一覧です: タテの関係、ヨコの関係を実感@5期生によるまちづくりイベント:

« 何がencourageにつながるかはわかりませんが・・・@金沢八景まちづくり協議会 | トップページ | 話し上手になるには?@6期生の授業でした »