« OSのアップグレードもそろそろ必要か?@世田谷まちづくりファンドの運営委員会の合宿でした | トップページ | 熱や思いが場を行き交う@葉山町の自治基本条例検討委員会 »

2010年8月 3日 (火)

「学ぶ+祭り」の効果はアウトプットの充実感と一体感@江戸川総合人生大学の大学祭

Photo 2010年7月31日は江戸川総合人生大学の大学祭でした。今回で5回目、タワーホール船堀で10時〜16時で開催されました。1530人の来場があったようです。

今回は5回目ということで、これまでの展示やステージ、よってこスタジオというコーナーに加え、体験コーナーを充実させていました。

江戸川まちづくり学科は、5期生は卒業研究をもとに、6期生は手作りえどがわ講座の概要を展示しました。ステージは、5期生が「いきいき体操」、6期生が「葛西の方言寸劇」を行い、これらも卒業研究や手づくりえどがわ講座を発展させた内容となっていました。

江戸川総合人生大学は、江戸川区の文化共育部が担当ですが、その部長が「江戸川総合人生大学の大学祭はいかにも大学祭という感じがする。江戸川総合人生大学のOBがたくさん参加しているボランティア・フェスティバルも、それぞれの活動を展示するなど共通する部分はあるが、この一体感はない」と話していました。

まち活動で、「祭り」をやることの効果は様々あると思っていますが、さらに、「学ぶ+祭り」の効果は特別なんだと思います。たぶん、時間をかけてインプットしたものをアウトプットすることと、祭りというハレの場が重なることで、個々人に充実感・達成感・はじける感じが生まれ、それらが相乗することで一体感がつくられているのではないかと思いました。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

お祭りなどのハレの場で、一体感を味わうことができることです。

|

« OSのアップグレードもそろそろ必要か?@世田谷まちづくりファンドの運営委員会の合宿でした | トップページ | 熱や思いが場を行き交う@葉山町の自治基本条例検討委員会 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/49042790

この記事へのトラックバック一覧です: 「学ぶ+祭り」の効果はアウトプットの充実感と一体感@江戸川総合人生大学の大学祭:

« OSのアップグレードもそろそろ必要か?@世田谷まちづくりファンドの運営委員会の合宿でした | トップページ | 熱や思いが場を行き交う@葉山町の自治基本条例検討委員会 »