« 地域では多重知性を発揮しよう!@三重県のリーダー養成講座 | トップページ | 揺らぎながら成長するモデルが現場にはある@世田谷まちづくりファンドの中間報告会 »

2010年11月22日 (月)

ビジョンを持つことは大切だ@江戸川総合人生大学のまち普請

Photo 2010年11月12日は、江戸川総合人生大学の2年生(6期生)の授業に行きました。

先週先々週と同じく「まち普請」をテーマとしています。「まち普請」とは、私が以前、関わっていたヨコハマ市民まち普請事業から名前を借りています。3つに分かれたグループの3番目でした。

グループ名は「瑞江地区一番星グループ」で、整備提案名は「旧江戸川河川敷の景観向上」でした。まち歩きは、江戸川区スポーツセンターに集合し、旧江戸川沿いを歩いたり、篠田堀親水緑道を通ったりしながら、最後は江戸川コミュニティ会館で整備提案を発表してもらうというプログラムでした。

旧江戸川は、以前は水上バスが運行していたそうですが、現在は中止しているとのことです。グループでは、パリのバトームーシュのような遊覧船を旧江戸川に通したい、そのためには河川敷の景観を向上させたいという観点で、護岸壁などを緑化したり壁画を描いたりできないかという提案がありました。

また、河川の中に一部、桜の木があるんですが、それを育てられないかという提案もありました。河川内の樹木は洪水時に問題を起こす危険がありますが、グループでは河川を管理する東京都の了解を取り、桜の周りの葦を整備しました。

旧江戸川は、河口がディズニーランド葛西臨海公園に挟まれているので、遊覧船を走らせるというのもあながち夢ではありません。まちづくりでは、ビジョンが大切と言われますが、日本版バトームーシュを走らせるというのは、とてもいいビジョンだと思いました。

以前、アメリカのチャタヌーガ市についての番組を見ましたが、川から見る景観を工場の集積するものから水族館などの施設や緑の景観に変えていくというビジョンを持ち、それを実現しようとしているものでした。今回の提案にとてもよく似ていると思いました。

ということでまち活動の楽しさ・面白さと

大きな夢を語り合うことです。 

|

« 地域では多重知性を発揮しよう!@三重県のリーダー養成講座 | トップページ | 揺らぎながら成長するモデルが現場にはある@世田谷まちづくりファンドの中間報告会 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/50096078

この記事へのトラックバック一覧です: ビジョンを持つことは大切だ@江戸川総合人生大学のまち普請:

« 地域では多重知性を発揮しよう!@三重県のリーダー養成講座 | トップページ | 揺らぎながら成長するモデルが現場にはある@世田谷まちづくりファンドの中間報告会 »