« COZYな空間でくつろぐ@世田谷まちづくりファンドの会合で読書空間みかもに行って来ました | トップページ | 耳を澄ましてみたくなる空間に行って来ました@篠崎ビオトープ »

2011年10月17日 (月)

区民と職員が協働で改善案をつくるトレーニングをします@江戸川総合人生大学の協働まち普請

Photo_2
2011年10月14日(金)は、江戸川総合人生大学の今期最初の授業でした。午前中は8期生(1年生)、午後は7期生(2年生)で、来年の6月まで各30回の授業をやります。

8期生はオリエンテーションとアイスブレイクをやりました。アイスブレイクとは「氷を壊す」という意味のとおり、初対面の人の間にある緊張感(氷の塊のようなもの)を壊すためのワークのことです。毎年やっている特技ダーツなどをやりました。詳しくは声をかけるネタが集まる特技ダーツ@江戸川総合人生大学の初回授業をご覧ください。

7期生もオリエンテーションと例年やっているまちの改善提案をグループでつくる「まち普請」の説明をしました。が、今回は「協働まち普請」をちょっと名前を変えました。というのも、今回から江戸川区の職員研修として職員の方々にも加わってもらうことになったからです。

これはとても先進的だと思っています。区民と職員が協働で提案をつくるという行為ができるわけです。研修というトレーニングの場なので仮想・想定ではありますが、だからこそ、同じ目線で提案することができるわけです。

こういうトレーニングが日常的に行われると、実際の協働もドンドン充実するのではないかと思います。

初めての取り組みなので心配な面はありますが、それを上回る期待があり、どんな提案が出てくるかとても楽しみです。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

区民と職員が協働で改善案をつくるトレーニングを行う、こんなことができる時代になったんだなあ、と感激できることです。

|

« COZYな空間でくつろぐ@世田谷まちづくりファンドの会合で読書空間みかもに行って来ました | トップページ | 耳を澄ましてみたくなる空間に行って来ました@篠崎ビオトープ »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/53018820

この記事へのトラックバック一覧です: 区民と職員が協働で改善案をつくるトレーニングをします@江戸川総合人生大学の協働まち普請:

» グループのメンバーが集まりました [Rabbitfoot]
画像は授業始まってからの様子。 先生の『始めに』というところです。 先週、暫定的に決まったメンバーでしたが、 今週は1つのテーブルに集まって、意見交換等のセッションを行いました。 自分達のグループは、 平井の南口商店街に狙いを定めることになりました。 あん…... [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 19時56分

« COZYな空間でくつろぐ@世田谷まちづくりファンドの会合で読書空間みかもに行って来ました | トップページ | 耳を澄ましてみたくなる空間に行って来ました@篠崎ビオトープ »