« 専門家はヒューリスティックを認識することで陥らないことが大事@全国まちづくり会議2011のシンポジウム | トップページ | COZYな空間でくつろぐ@世田谷まちづくりファンドの会合で読書空間みかもに行って来ました »

2011年10月10日 (月)

超高齢社会における生涯学習の先進例@江戸川総合人生大学の入学式

11 2011年10月5日(水)は江戸川総合人生大学の8期生の入学式でした。場所はしのざき文化プラザでした。

入学式で北野学長がこれまでに卒業生462名、在校生が約200名、合計で約660名が江戸川総合人生大学の学生であると話していました。江戸川区の人口が約68万人なので、その0.1%が学生となるんですね。

もう一つの数字として、卒業生がつくっているグループが「42」あることも話されました。学生の割合0.1%は小さいかもしれませんが、グループの活動に関わっている人たちはその10倍ぐらいはあると思うので、1%、6800人ぐらいは江戸川総合人生大学に関係した活動に関わっているのではないかと希望的観測を持っています。

そして区長からは、文部科学省の「超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会」の委員となったことが話されました。

資料を見ると、生涯学習の現状の課題として、「学習者の固定化」や「社会参画への接続不十分」などが上げられています。

その点、江戸川総合人生大学は、2年で卒業するので学習者が年々変わり、増えていきますし、社会参画へとつながっています。生涯学習の仕組みとして非常によくできているのではないかと思っています。このような仕組みが各地に広がっていくといいですよね。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

江戸川総合人生大学は8年目を迎えますが、これぐらい続けているといろいろなところで蓄積が実感できることです。継続は力なりですね。

|

« 専門家はヒューリスティックを認識することで陥らないことが大事@全国まちづくり会議2011のシンポジウム | トップページ | COZYな空間でくつろぐ@世田谷まちづくりファンドの会合で読書空間みかもに行って来ました »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/52951686

この記事へのトラックバック一覧です: 超高齢社会における生涯学習の先進例@江戸川総合人生大学の入学式:

« 専門家はヒューリスティックを認識することで陥らないことが大事@全国まちづくり会議2011のシンポジウム | トップページ | COZYな空間でくつろぐ@世田谷まちづくりファンドの会合で読書空間みかもに行って来ました »