« 情報の質が高いと提案の質も高い@協働まち普請の提案発表でした | トップページ | トランスフォームで意思を継続する人たちに会ってきました@都岐沙羅パートナーズセンター10周年記念 »

2011年11月27日 (日)

路上駐輪をOKにして商店街活性化!?@江戸川総合人生大学の協働まち普請

Photo 2011年11月25日(金)は、江戸川総合人生大学の7期生の授業でした。10月に本ブログ区民と職員が協働で改善案をつくるトレーニングをします@江戸川総合人生大学の協働まち普請 で紹介した「協働まち普請」の3回目の発表でした。

「商店街花かざり」という7名のグループが取り上げたのは平井駅南口の商店街でした。まず、商店街の改善についての説明を受けて、その後、現地を歩きました。

平井駅南口には、平井親和会商店街と春日町通り商店会、リバーウエスト商店会という3つの商店街があり、課題が異なっていると感じたそうです。

平井親和会は、歩行者専用道路ですが、そこへの路上駐輪が多いこと、春日町通り商店会やリバーウエストは、駅から離れているので人通りが少なく空き店舗が多いことだそうです。

これらに対する提案としては、シャッターに絵を書いたり、花やベンチで華やかな雰囲気を出したり、空き店舗を利用してお休み処をつくることが上げられました。また、地元の信用金庫の展示スペースを活用するアイデアも出されました。

駐輪問題への解決策は示されませんでしたが、「平井ふれあい道路駐輪場運営委員会」という地元組織が運営している駐輪場の紹介がありました。1時間までは無料というで満車になっていました。しかし、それでも収まらないほどの路上駐輪がありました。

質疑応答の中で、区の職員が「道路に駐輪することも考えられるのではないか」と話していたのが印象的でした。私も歩いてみて、そのように感じました。

今は違法駐輪なので無秩序ですが(とは言え、片側に寄せるなどの秩序がある)、これをOKにして秩序正しく停めるようにすれば歩行者や自転車も通りやすくなります。また、商店にとってもお客さんを呼びやすくなるんではないでしょうか。

ということで、まち活動の楽しさ、面白さとは

道路やまちの使い方をみんなで柔軟に考える機会があることです。

 

|

« 情報の質が高いと提案の質も高い@協働まち普請の提案発表でした | トップページ | トランスフォームで意思を継続する人たちに会ってきました@都岐沙羅パートナーズセンター10周年記念 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/53351684

この記事へのトラックバック一覧です: 路上駐輪をOKにして商店街活性化!?@江戸川総合人生大学の協働まち普請:

« 情報の質が高いと提案の質も高い@協働まち普請の提案発表でした | トップページ | トランスフォームで意思を継続する人たちに会ってきました@都岐沙羅パートナーズセンター10周年記念 »