« 共同の創作活動は楽しい!@練馬まちづくりセンターの活動助成の最終報告会 | トップページ | 遠回りしてるようでだが体験からの学びがある@葉山町の自治基本条例懇話会 »

2012年4月17日 (火)

農地や屋外は気持ちいい@江戸川総合人生大学のイベントでした

120408

2012年4月8日(日)は、江戸川総合人生大学の7期生のイベントが開催されました。

これは、卒業後に市民活動をする上で必要になるであろうイベントについて、企画から実施までを体験してもらうことを目的に毎年2年生が開催しているものです。

7期生は始めて屋外での開催でした。当日は天気も気温もよくて、まさにイベント日和でした!

テーマは「我が街の暮らしを楽しもう楽しもう!」で、7期生の新川げんき会が朝市を通じて知り合った「えどちゃんファーム」(東小岩1丁目)の農地をお借りして、体験農業や紙しばい、エコ工作教室などを実施しました。

えどちゃんファームは最近農業を始めた方が有機農業をやっています。その師匠にあたる齊藤完一さんも千葉県山武市から体験農業の講師として来てくれました。

私は最近切実に身近な農地の存在が大切だと思っています。

それは、被災地で仮設住宅に住んでいる世帯にヒアリング調査をしたんですが、被災前まで自宅や近くで小規模ながら元気に農業をやっていた70〜80歳代の方が、仮設住宅でやることがなくなって要介護になってしまったという話を聞いたからです。これからの高齢社会において、人々にとって、特に高齢者にとって農地はホントに大切だと思ったわけです。

これらのことから、7期生が農地でイベントを開催したことは、私の中ではとてもタイムリーでした。

前にTwitterで紹介したんですが、ロンドンでは市長公室と宝くじ基金などのパートナー組織Capital Growthが2012年の終りまでに新しい市民菜園を2012ヵ所つくるプロジェクトをやっています。現在、1707カ所でできているみたいです。このようなことが東京でもできるといいですね。

 

ということで、まち活動の楽しさ、面白さとは

農地や屋外の気持ちよさをみんなで共感できることです。

ところで、えどちゃんファームの近くに、2期生の江戸川グリーングリーンがお世話している南小岩二丁目南児童遊園がありました。とてもいい空間で、市民による維持管理のよさが場所から漂っていました!

120408

|

« 共同の創作活動は楽しい!@練馬まちづくりセンターの活動助成の最終報告会 | トップページ | 遠回りしてるようでだが体験からの学びがある@葉山町の自治基本条例懇話会 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/54497774

この記事へのトラックバック一覧です: 農地や屋外は気持ちいい@江戸川総合人生大学のイベントでした:

« 共同の創作活動は楽しい!@練馬まちづくりセンターの活動助成の最終報告会 | トップページ | 遠回りしてるようでだが体験からの学びがある@葉山町の自治基本条例懇話会 »