« 「郷土史紙芝居」という新しいジャンルの可能性を感じました@江戸川総合人生大学 | トップページ | 市民活動をやっている人たちがつながることのパワー@江戸川総合人生大学の同窓会 »

2012年7月 5日 (木)

学友は貴重@江戸川総合人生大学の7期生最終授業

7
2012年6月29日(金)は、江戸川総合人生大学の江戸川まちづくり学科7期生の授業でした。 場所はしのざき文化プラザでした。

今回は7期生の最終授業で、2年間、60回の授業を振り返ってもらいました。その結果をマインドマップにしてみました。

太い幹には以下が書いてあります。
・2年間通えてヨカッタ
・2年次は早かった
・グループワークが大変だった
・社会活動体験
・人との出会い
・卒業後は・・・

7期生は、3.11に授業であったり、クラスイベントが初の屋外だったり、まち普請を職員と一緒にやったりと、いろいろ思い出となることがありました。

クラスメイトとの出会いがよかったという声は毎年、出てきますが、「青年期のような利害関係のない仲間ができた」というのは、ホントにそうだと思います。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

学友ができることです。

|

« 「郷土史紙芝居」という新しいジャンルの可能性を感じました@江戸川総合人生大学 | トップページ | 市民活動をやっている人たちがつながることのパワー@江戸川総合人生大学の同窓会 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/55129729

この記事へのトラックバック一覧です: 学友は貴重@江戸川総合人生大学の7期生最終授業:

« 「郷土史紙芝居」という新しいジャンルの可能性を感じました@江戸川総合人生大学 | トップページ | 市民活動をやっている人たちがつながることのパワー@江戸川総合人生大学の同窓会 »