« ゆとりや遊びが次の資源に@人が集まる大井町駅前中央通りアイデアコンペ | トップページ | 介護予防は実施者にとっても介護予防!@浦安市の公開報告会 »

2013年5月23日 (木)

ネットワークの意義やノウハウを伝えるのは難しい@江戸川総合人生大学のネットワーク演習

Img_1813
遅ればせながら江戸川総合人生大学のネットワーキング演習について報告します。

1回めは4月12日、2回めは4月26日に実施しました。江戸川総合人生大学では、市民活動する人材を育てるということを目的としていますので、その活動に必要なネットワーキング力を養うとともに交流を深めることをめざして演習を行いました。

具体的には数人に分かれ、グループごとに既に活動している人に授業に来てもらうことで、趣旨説明や交渉等を実践的に学んでもらいました。

4月12日は以下のゲストに来ていただきました。
・小谷さん:江戸川総合人生大学子ども・子育て応援学科の卒業生。すくすくスクールこども未来館などで活躍。
・中山さん:本学科の卒業生。ひまわりリングで活躍。
・田中さん:千葉県松戸市の常盤平6丁目町会の防災部会で活躍。

4月26日は以下のゲストに来ていただきました。
・保坂さん:本学科の卒業生。町内会役員やこども未来館などで活躍。(当日、体調を崩されたのでメッセージを代読してもらいました)
・松村さん:本学科卒業生。手づくりサークル:ポケットなどで活躍。
・高橋さん:江戸川総合人生大学国際コミュニティ学科の卒業生。サタデーネットで活躍。
・牛久さん:墨田区の寺島玉の井まちおこし委員会で活躍。玉ノ井カフェ寺島なす復活プロジェクトを実施。

皆さんには15分ずつお話をしていただきました。

その後、つながりをつくるワークショップとして、4月12日はじゃんけん列車の応用で、「江戸川のおもしろいところ・モノ」や「市民活動の風変わりなところ」をそれぞれ書いて、より面白いものをトーナメント形式で選びました。(冒頭の写真)

結果、「江戸川のおもしろいところ・モノ」として最後に残ったのは「居酒屋の豊田屋+松ちゃん」、「市民活動の風変わりなところ」で最後に残ったのは「交通安全運動の時に設置するテント→見通しが悪くなるのに…」でした。

4月26日は「ネットワーク相関図」ということで、名前、似顔絵、興味を持っていることを書いてもらい、始めに私が自己紹介し、その後、何らかのつながりがある人が自己紹介、それを繰り返していきました。

Img_1880
最後に両日ともゲストと名刺交換して締めくくりました。

演習をやってみて、卒業生などに再会できて楽しかったんですが、7名中4名が江戸川総合人生大学の卒業生ということで、ネットワークの範囲がやや狭いと感じました。

市民活動においてネットワークはとても大事だと思っていますが、その意義やノウハウを伝えるのはナカナカ難しい。もっと試行錯誤が必要だと思いました。

ということで、まち活動の楽しさ、面白さとは

どうネットワークをつくるか、短い出会いをどう活かすか、もっと考えて実践することが大事だと気づいたことです。

|

« ゆとりや遊びが次の資源に@人が集まる大井町駅前中央通りアイデアコンペ | トップページ | 介護予防は実施者にとっても介護予防!@浦安市の公開報告会 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/57439658

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークの意義やノウハウを伝えるのは難しい@江戸川総合人生大学のネットワーク演習:

« ゆとりや遊びが次の資源に@人が集まる大井町駅前中央通りアイデアコンペ | トップページ | 介護予防は実施者にとっても介護予防!@浦安市の公開報告会 »