« 残したいと思う景観に何かできることがあればやっていきたい!@都市計画家協会の全国まちづくり会議in長岡 | トップページ | 合意形成には想定することと即興的なやりとりの両方が必要@特別区職員研修 »

2013年11月23日 (土)

ようこそ先輩!@江戸川総合人生大学の1回めの授業でした

Img_2673
2013年10月11日(金)は、江戸川総合人生大学の9期生2年時の1回めの授業でした。場所はしのざき文化プラザでした。

2年生の授業のプログラムを紹介するとともに、卒業生に来ていただき、在学時代の思いや現在の活動を紹介してもらいました。

卒業生には、1年次にグループ発表した時のテーマや、2年次のグループ活動のテーマ、全体で取り組んだイベントの内容、卒業研究、社会活動体験について話してもらいました。

Img_2674
5期生でひまわりリングで活躍されている平野さんは、1年次にできたグループが中心だったけれど、2年次の卒業研究で「自転車」というテーマを見出し、それが現在の活動になっていることを話してくれました。
卒業研究の様子はこちら→自転車は車両

ひまわりリングの活動が続いている秘訣として、例会を開くこと、司会や書記を毎回変えていること、ネットワークができた方々にはお礼状を書いていることなどがあるとのことです。

6期生でふるさと東京を考える実行委員会で活躍されている手塚さんは、先輩を通じて現在の団体に出会い、社会活動体験で参加したことをきかっけに活動を続けているとのことです。
手塚さんの卒業研究の様子はこちら→広く自然がある現場はやっぱり魅力がある

また、同じく6期生でふるさと東京を考える実行委員会で活躍されている齋藤さんは、1年次に紙芝居の楽しさを知り、卒業研究でも新作を作るなど「紙芝居」にこだわっています。現在の団体でも子どもたちに紙芝居を見せているそうです。
齋藤さんの卒業研究の様子はこちら→「郷土史紙芝居」という新しいジャンルの可能性を感じました

志村さんは、在学時はふるさと東京を考える実行委員会とは関わっていなかったそうですが、卒業後に先のお二人を通じて関わるようになったそうです。

4人の発表の後は、2つにテーブルを分け、ワールドカフェ風に時間を区切って質疑応答をしました。密度の濃いやりとりになっていました。

ということで、まち活動の楽しさ、面白さとは

学びの場では先輩という身近な道標(みちしるべ)がとても重要だと改めて気づくことです。先輩の皆さん、ありがとうございました。

|

« 残したいと思う景観に何かできることがあればやっていきたい!@都市計画家協会の全国まちづくり会議in長岡 | トップページ | 合意形成には想定することと即興的なやりとりの両方が必要@特別区職員研修 »

江戸川総合人生大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540112/58625768

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ先輩!@江戸川総合人生大学の1回めの授業でした:

« 残したいと思う景観に何かできることがあればやっていきたい!@都市計画家協会の全国まちづくり会議in長岡 | トップページ | 合意形成には想定することと即興的なやりとりの両方が必要@特別区職員研修 »