都市計画家協会

2013年11月19日 (火)

残したいと思う景観に何かできることがあればやっていきたい!@都市計画家協会の全国まちづくり会議in長岡

Img_2612
2013年10月5日(土)、6日(日)は、NPO法人日本都市計画家協会が主催する「全国まちづくり会議2013in長岡」に行ってきました。会場はアオーレ長岡でした。

全国まちづくり会議とは、各地でまちづくりをやっている人たちが一堂に会し、情報交換・意見交換を行うものです。今回で9回目で、東京→東京→東京→北海道→川崎→熊本→埼玉→神戸→長岡で開催しました。

今回の全体テーマは「多彩な地域の顔、人をつなぎ元気を発信する長岡のまちづくり」です。

会場のアオーレ長岡はJR長岡駅に直結する市役所などの複合施設です。駅周辺の中心市街地が衰退する中、もう一度、人々に来てもらえるようにつくられました。

10月5日(土)、6日(日)も様々なイベントが展開されており、集客力がある交流拠点となっています。

Img_2523
私は6日の午前中に行われたエクスカーション「醸造のまち摂田屋のレトロ散策と上杉謙信の里コース」に参加し、そこで見てきた2つの地区を題材とした午後の「地域景観まちづくりフォーラム 地域・学生・NPOの協働、地域景観づくりへの課題」にパネラーとして参加しました。

1地区めは栃尾地区表町での雁木づくりについてです。歯抜け状態となっていたため、1997年から新潟大学で学生のデザインコンペを実施し、その受賞作を住民と協働して毎年一棟ずつ建設しています。

フォーラムでは、このプロジェクトを企画した新潟大学の西村伸也さんや、調整に関わっている長岡市役所の酒井俊明さんが、その意義や10棟を超えた雁木がまちに及ぼす影響、資金等の継続の課題などを話しました。
Img_2591
2地区めは摂田屋地区の蔵の再生です。あまり注目されてなかった蔵が、まち歩きなどで着目され始めた時に中越大震災が起こり、被害を受ました。

そこで挫けることなく、イベントや絵本作り、子どもたちの鏝絵(こてえ)WSなどを行っていることをNPO醸造の町摂田屋町おこしの会の平沢政明さんや長岡造形大学の学生である渡辺紗江さんが話しました。

蔵の再生には資金がかかること、地域の関心があまり高くないことが課題として上げられました。
Img_2561
最後に私が、現在はまちづくりに関して競争状態であるので、ソーシャルインパクトの可視化が必要であることや、それがうまくいけば資金はグローバルに集まる可能性があることを話しました。

その後、長岡造形大学の渡辺誠介さんの進行でディスカッションしました。大学がどのように地域に継続的に関わっていくか、どうやって地域の関心を高めていくか等について意見を出し合いました。

雁木や蔵などは、現在は必要性の高い施設ではないかもしれませんが、地域の歴史や文化のシンボルとなるものです。これらを残したいというメンタリティと、そのためにどこまで資源(人材や資金)を投入できるかが、各地で課題になっていると思います。

大学には資源(人材や資金)がありますが、無尽蔵ではないので、資源をどこに・何に分配するかが悩みどころだと思います。効果があるところに投入したいというのが人情で、やはり、地元でがんばっている人や組織があるところがポイントになると思います。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

残したいと思う景観が各地にあることに気づくことです。全部には関われませんが、何とか残ってほしいと思うし、そのために何かできることがあればやっていきたいですね。ブログに書くこともその1つ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

響きあう行政と住民、そうなるように仕掛ける専門家、そんな構図を再確認@全国まちづくり会議

120930_4    
2012年9月29日(土)、30日(日)は、NPO法人日本都市計画家協会が主催する「全国まちづくり会議2012inKOBE」に行ってきました。会場はデザイン・クリエイティブセンター神戸でした。

全国まちづくり会議とは、各地でまちづくりをやっている人たちが一堂に会し、情報交換・意見交換を行うものです。今回で8回目で、東京→東京→東京→北海道→川崎→熊本→埼玉→神戸で開催しました。

今回の全体テーマは「再生の時代を拓くまちづくり−世界とつながるデザイン都市神戸から−」というものです。

会場のデザイン・クリエイティブセンター神戸は旧生糸検査所をリノベーションしたユネスコから認定された「デザイン都市神戸」の拠点となるところです。10月6日から正式オープンですが、それに先立って借りることができました。今後の展開が期待できる面白い空間でした。

私は30日に開かれた「今あらためて求められる まちづくり担い手育成のしくみ」にパネラーとして参加しました。「まちづくり検定事業研究会」が主催で、検定を題材にしつつ、幅広く議論しました。

私から話したことは、1つはこのブログでいつも書いている江戸川総合人生大学のことです。知識というよりテーマさがしや仲間づくりが重要だということと、一度できたまちづくりグループはメンバーが固定化しやすいので新しい風として検定参加者が期待できるのではないかと話しました。

小林英嗣会長からはアメリカでベストセラーになっているショック・ドクトリンという本が紹介されました。「惨事便乗型資本主義の正体を暴く」という副題が示すように、人々が茫然自失から覚める前に過激な経済改革を強行している実態を示したものだそうです。3.11後も同じようなことが起こっており、そういう構造的なことも含めて、検定問題を1万個つくってみてはどうかという提案がありました。

渡会清治副会長からは、「“担い手”という言葉から行政側に立っている感じがする、行政のニーズに沿ってNPOである日本都市計画家協会が検定をやるのはおかしいのではないか」という話がありました。

これに触発されて「最近、行政が手間暇がかかるなどの理由で市民参加を敬遠している。市民参加には人材育成という側面があった。これをやっていかないと、カウンターパート(対応相手)が育たない。行政がやらないのならNPOがやっていくべきでは」という話をしました。

担い手とか人材育成とか、おこがましい物言いになってますが、まちづくりや都市計画を、30年前のように行政と専門家だけでやってしまっては行き詰ることは目に見えています。なので、担い手・人材育成は本当に重要だと思っています。検定も含め、多様な仕掛けをやっていきたいですね。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

議論をするとき受け手が響いてくれるとこちらも触発されますが、そういく関係が行政と住民の間にできるようにいろいろ仕掛けるのが都市計画家の1つの役割なんだよな、と改めて認識したことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

専門家はヒューリスティックを認識することで陥らないことが大事@全国まちづくり会議2011のシンポジウム

Photo 2011年10月1日(土)、2日(日)は、NPO法人日本都市計画家協会が主催する「全国まちづくり会議2011inさいたま」に行ってきました。会場は埼玉大学でした。

全国まちづくり会議とは、各地でまちづくりをやっている人たちが一堂に会し、情報交換・意見交換を行うものです。今回で7回目で、東京→東京→東京→北海道→川崎→熊本→埼玉で開催しました。

10/1は1時から開会式があり、その後、基調講演やシンポジウム、分科会、車座交流会が同時並行で開かれました。

私はシンポジウム「震災/コミュニティ・・・そして日常」に以下の方々とともにパネリストとして出席しました。

パネリスト 小泉秀樹: 東京大学大学院工学系研究科准教授
        姥浦道生: 東北大学大学院工学研究科准教授
        鈴木俊治: (有) ハーツ環境デザイン代表取締役
        佐谷和江: (株) 計画技術研究所代表取締役

小泉先生と姥浦先生は「震災から学ぶコミュニティの意義・課題」について、鈴木さんと私は「地域が担うまちづくりと専門家の役割」について話しました。

私が話したのは、この数年間、まちづくりのルールをつくるためにサポートしていた住民組織が今年3月に当初の目的を達成せずに解散してしまった事例についてです。

なぜ解散してしまったのか、専門家として足りなかったことは何だったのかと考えていた時に、「個人と集団の意思決定―人間の情報処理と判断ヒューリスティックス」という本を読みました。判断ヒューリスティックとは、多大な情報をもとに意思決定をするべきですが、それを省略して判断することです。判断する人がそれまでの経験上、情報の一部しか使わなかったり、ある情報を過度に重視したり、逆にある情報を無視したりすることだそうです。

つまり「判断における怠慢」「判断における偏り」のことです。

で、判断ヒューリスティックにドキン!ときたわけです。解散してしまった住民組織へのサポートで、私のこれまでの経験からある情報を過度に重視してしまったのではないか、と思ったわけです。

そこで、関連する本をいくつか読みました。例えば「リスクのモノサシ―安全・安心生活はありうるか (NHKブックス)」「意思決定のマネジメント (一橋ビジネスレビュー・ブックス)」などです。

リスクのモノサシ―安全・安心生活はありうるか (NHKブックス)」では「専門家は自説を公開するとその一貫性を保持しようとする(自説を曲げない)」とか、「意思決定のマネジメント (一橋ビジネスレビュー・ブックス)」では、「専門家への過信があるが未来予想については素人と大差ない」とか、ズキズキとすることが書いてありました。

シンポジウムでは、細かく話す時間がありませんでしたが、「専門家の役割として“判断における怠慢や偏り”が生じることを認識した上で、それが起きないように気をつけることが重要ではないか」という話をしました。

震災と直接関係のない話をしてどうかと思ったんですが、シンポジウム後に「現場のナマの話が聞けてよかった」と声をかけてくれる方もいました。うまくいかなかった事例はなかなか表に出ないですが、そこからの学びは大きいと思いますので、聞いてくれた方々の参考になれば幸いです。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

体験から学び、本から学び、それを他の人とシェアすることです。

当日の様子はUstreamで見られます。こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

まちづくり相談が来ない・・・都市計画家協会の理事会でした

Soudan3_3 1月20日は都市計画家協会(正式には日本都市計画家協会)の理事会でした。2ヶ月に1度、協会の事務所で開かれます。

理事は現在39名。大所帯です。しかし、支部が5つ、委員会等が5つ、基礎事業が7つあるので、その担当理事だけでも17名。さらに委員会の内部でもいろいろなことをやっているので、大所帯やむなしという感じです。

私は基礎事業の一つである「まちづくり相談」の担当理事をやっています。これは、協会の正会員は都市計画・まちづくりの専門家が多いので、その資源を活かして、市民の相談に答えるものです。

企画段階では、建築紛争など、まちづくりに困っている市民はたくさんいるので、相談が年間30〜40ぐらいくるのでははいかと思っていましたが実際は3〜4件です。今年度で3年目ですが1年目とあまり変わりがありません。

ちなみにgoogle検索では1ページ目に入っています。

ということで、理事会でも「まちづくり相談は1件ありました(ありませんでした)」という寂しい報告が続いています。

どうすればもっと相談が増えるんでしょうか?とりあえず少しでも認知度をあげるために、ブログに書いてみようと思って、今書いてます!

ご相談がある場合は、都市計画家協会のHPの左側にあるまちづくり相談のところをクリックしてください。相談方法を書いています。

ということでまち活動の楽しさ・面白さとは

まちの人たちのニーズが読めないというのは、ネガティブな経験ではあるけれど、試行錯誤することも面白さだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

全国まちづくり会議2009in川崎に行ってきました その2

Img_03202 前回に引き続き、9月21日、22日のNPO法人日本都市計画家協会が主催する「全国まちづくり会議2009in川崎」について書きます。

22日は、午前中は「都市計画・まちづくりの変革期−求められる市民像・専門家像は?−」に参加しました。

まず、「市民と専門家へのインタビュー」というのがあり、9名の市民・専門家が「こんな専門家であってほしい」「こんな専門家でありたい」、「こんな市民であってほしい」「こんな市民でありたい」ということに答えていきました。

私は専門家の一人としてインタビューに答えました。事前に主催者からアンケートが送られてきていてそれに回答していましたが、22日は若干違ったことを話してしまいました。なぜなら、世田谷区太子堂の梅津政之輔さんが私の前にインタビューに答えていて、それに触発されたからです。

梅津さんは私が都市計画のコンサルタントとして働き始めて2年目ごろ(20年以上前です)出会いました。当時、知識も経験もない私にいろいろ教えてくれるとともに、専門家として?尊重もしてくれました。

梅津さんはまちづくりの知識・経験があるだけでなく、思想というか、見識があり、そのことが、それ以降の私の専門家としての住民の方々への関わり方に大きな影響を与えています。つまり、もし住民の人が知識・経験が少なくても、専門家とは違う観点の洞察力や先見性はあるわけで、それを尊重すべきだということです。

若い頃の経験は「すりこみ」となりますが、私はとても幸福な「すりこみ」があったと思います。

話をもとに戻すと、9名のインタビューの後みんなで討議しました。求められる市民増・専門家像が2時間のセッションでまとまるわけではなりませんが、多様な意見が出ましたし、それを整理することで何らかの方向性がでるのでは、と期待しています。

午後は、私が担当する「コミュニティ・ビジネスを始めませんか?−実践者に聞くコツ、やりがい、etc−」を開催しました。私にとっての2日間のうちのメインとなるセッションなのに、充電池が切れていて写真が撮れませんでした・・・。しかし、内容はとても充実してました。

前半は、以下の4名のコミュニティ・ビジネス実践者から事業を紹介してもらいました。
・杉浦浩樹さん ヨコハマ経済新聞編集長、NPO横浜コミュニティデザイン・ラボ常務理事
・武元昌伸さん ミミズハウス
・丸山浩一さん 川崎市菅生こども文化センター運営協議会代表(指定管理団体)
・村山十九男さん NPO小杉駅周辺エリアマネジメント理事

その後、コメンテーターの横浜市立大の鈴木伸治さんと進行していきました。

コミュニティ・ビジネスというと、やはり経営のことが気になるところです。進行役としてどこまで聞いていいのか、なかなか難しいところでした。私自身「年収はいくら?」「会社の売り上げは?」と聞かれたら、話すのに抵抗感があると思います。まあ、NPO法人であれば会計報告を閲覧できるので抵抗感は若干、少ないかも知れませんが。

ということで、議論に入ってコーディネーターである私やコメンテーターの鈴木さんからはミッションやモチベーションについて聞いていました。

その後、会場と意見交換しましたが、会場からはやはり経営や収入についての質問が多く出されました。それらのやりとりの中で、結論めいたものとしては、収入は生活できる程度得られればよく、それよりも仕事としての意義・やりがいを重視したい、また、仕事だけでなく生活も充実するワークライフバランスを大事にしたい、ということだったと思います。

会場に来てくれた人は、他に強力なシンポジウム・フォーラムがあったためか、のべ20名弱でしたが、川崎市のぐらすかわさき神戸まちづくり研究所という中間支援団体の方々が来てくれて、コミュニティ・ビジネスの支援側の意見も聞くことができました。ちなみに、鈴木さんも私もまちづくり情報センターかながわ(アリスセンター)という中間支援団体の理事をやっています。

2日間、バタバタしていましたが、いろいろな人に会うことができて充実してました。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

まち活動ならではの関係性を築くことができます。例えば、家族でも、会社の上司・部下でも、先生・生徒でもない関係で、強く影響される人に出会うことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

全国まちづくり会議2009in川崎に行ってきました その1

Zenmachi2009chirashi 9月21日、22日は、NPO法人日本都市計画家協会が主催する「全国まちづくり会議2009in川崎」に行ってきました。会場はサンピアンかわさきでした。

全国まちづくり会議とは、各地でまちづくりをやっている人たちが一堂に会し、情報交換・意見交換を行うものです。今回で5回目で、東京→東京→東京→北海道→川崎で開催しました。

21日は1時からオープニングセレモニーがあり、その後、シンポジウムやフォーラム、テーマセッションが同時並行で開かれました。

私は川崎市景観・まちづくり支援課が主催した「川崎の景観・地区まちづくり」という約3時間半のフォーラムにコメンテーターとして参加しました。

フォーラムは2部構成で、第1部では川崎市内の7つのまちづくり団体による事例報告がありました。

私は常々、小田急線新百合ヶ丘駅の駅前は広告物がとても少なくて、景観やまちづくりに携わる人に「ここまでやれる」という勇気を与えてくれると思っています。今回、7つのうちの一つに「新百合ヶ丘駅地区景観形成協議会」があり、直接話を聞くことができました。現在の悩みは、建物に取り付ける広告物の規制が厳しすぎて、その抜け穴として窓張り広告が非常に増えていることだとのこと。協議会の方々はご苦労あると思いますが、ぜひとも今の素晴らしい景観を維持していただきたいと願ってます。

7つの事例報告の後に、コメンテーターとして各団体について感想を述べました。全体に共通することとしては、いずれも他地区の参考になる活動であり、グッド・プラクティス(良好事例)として情報共有できればいいのではないか、とコメントしました。

2部はパネルディスカッションでした。パネラーは、京都市の「明倫まちづくり委員会」の方と、川崎市から「大山街道地区景観形成協議会」、「月見台地区まちづくり委員会」の2名、プラス私でした。

まず、「明倫まちづくり委員会」の報告があり、その後、会場を交えてのディスカッションがありました。そのキーワードは「つなぐ」だったと思います。新旧住民をつなぐ、自治会・町会とまちづくり組織をつなぐ、活動の中心であるリタイア層と若い層をつなぐなどなど。つなぐ方法についていろんな経験・知恵が話されました。

ということで、長丁場ではなりましたが、あっという間に終わったという感じでした。22日についてはまた明日。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

優れた景観や空間をつくっている背景には人々がいることを改めて認識できることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

都市計画家協会の総会でした

6月20日はNPO法人日本都市計画家協会の総会でした。

創立してから13年、NPO法人になって8年目、なので今回は8回目の総会でした。全国の都市計画に関わる人々がプロ・アマ問わず会員となっていて、その数500人強、年間事業費約3500万円で活動しています。

私は「まちづくり相談」の担当理事をやっています。これは、まちづくりで困っている人たちからの相談を随時受け付けていて、相談があったら協会の会員から適切な人を派遣するというものです。もし、何かお困りごとがあったら、ぜひ、相談してみてください。

話は戻って、6月20日は総会以外にも、「第7回日本都市計画家協会賞」の表彰式がありました。日本まちづくり大賞は「NPO法人輪島土蔵文化研究会」と「熊本大学工学部まちなか工房」で、プレゼンもありました。

私は特に輪島土蔵文化研究会の活動に感銘を受けました。同会は2007年3月に起こった能登半島地震で損壊した5つの土蔵をいろいろなアイデアを駆使して修復しています。

例えば「土蔵でどうぞ」というネーミングで資金集めしてます。これは一口3万円で支援金を集め、修復する3つの土蔵で、それぞれ家族経営でつくっている輪島塗の器やお酒をプレゼントするというものです。

また、1つの土蔵は持ち主から借りて、全国初の左官職人の研修所にしています。

さらに、もう1つはコミュニティ・レストランとして、輪島塗で食事を提供したり、地酒を出したりするところにする予定とのことです。

まだ、修復は終わってないようですが、5つの土蔵は結構近くにあり、とても魅力的な空間になりそうです。私も次に輪島に行くときは、ぜひ訪れてみたいと思いました。

ということで、まち活動の楽しさ・面白さとは

他の地域のまち活動を知ることができます。そして、そのまちを訪れるときに、魅力的な観光スポットに行くことができますし、その場所の背後にある物語を思い出して、より深く場所・空間を味わうことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)